絆TIME for HACCP|絆タイム|低価格で高機能なQSCチェックシステム

絆タイム

資料ダウンロード お問い合わせ

絆TIME for HACCP絆TIMEでHACCPを記録

※本ページ掲載のHACCPの各機能は2020年4月よりリリースを予定しています。

HACCPは食品衛生法の改訂により2020年6月より法律が施行され、1年間の猶予期間を経て2021年6月に完全義務化されます。

現在でもすでに様々なチェックを店舗で実施している中、さらにチェック業務が増えると現場の負担、またシートの保管や管理が大変になります。


HACCPの記録を絆TIMEで実施、管理、保管

衛生管理や、温度記録等HACCPに必要な様々な記録を
タブレット(スマートフォン)で実施

記録したデータは各店舗のデータとしてクラウド上に保管されるため
どこからでも参照が可能。店舗もチェック後のまとめ
本部へ提出などの業務もなくなり、負担の軽減に


でHACCPを記録

どのチェックシートを実施したかわからない
過去の記録を探すのも一苦労
実施、管理が不十分に

絆TIME でHACCPを記録

どのシートがまだ未実施なのか一目瞭然
過去データの検索、参照もらくらく
信頼性、安全性の向上


ペーパレス化で店舗も管理者もすっきり


記録するだけではなく未然に防ぐ

HACCPの目的は提供する商品の安全性、信頼性の向上が目的です。

絆TIMEでは本部が作成した「衛生管理計画書」に基づき作成された重要管理点(CCP)の記録で
予め設定した数値に逸脱があった場合、アラートでお知らせします。

例えば...

問題点を見逃すことがないため被害を最小限に食い止めることができます。


店舗のペーパレス化

QSCやその他のデイリーチェックなどと合わせて絆TIMEで実施することで店舗のペーパレス化に繋がります。
またデータで保存をすることにより、将来的に店舗の評価や分析、他店との比較などが可能です。

※絆TIMEでは複数店舗において、同一メニュー・同一行程で調理を行っている事業者の利用を想定しています。

お問い合わせ


動作環境

ページトップへ