活用例|絆タイム|低価格で高機能なQSCチェックシステム

絆タイム

資料ダウンロード お問い合わせ

EXAMPLE 活用例

絆TIMEでは日々店舗で実施しているチェック表やQSCなどをクラウドで実施することにより
マネージャーが来店せずとも管理店舗のチェック表実施状況を確認することが可能です。

大手チェーンA社 QSCイメージ

導入前 実施:エリアマネージャーがチェックシートを使い実施、スマホで写真撮影

報告:実施内容をエクセルにまとめ、先程撮影した写真をPCに取り込み該当項目箇所に添付
   報告書のまとめが終了次第本部にメールで送信
   店舗にはチェック表のコピーを張り出す(データ保管はなし)

集計:本部は各店舗のデータを一つのエクセルにまとめて集計(点数のみ)

改善:次回チェック時に改善されているかの確認のみ

① チェックシートで実施した内容をエクセルに入力しなおす必要があり作業工数の無駄が発生
② 集計作業にも店舗数が多いと毎月かなりの時間が必要
③ 総合点集計のみのため実施したデータの活用がうまくできていない
④ 店舗では紙の保管のみのため過去の履歴を追うのがファイルを引っ張り出して行うため大変
⑤ 店長が改善項目を改善しているか確認が難しく実施して終わりになってしまっている。

絆TIME
導入後
実施:店舗に備え付けのタブレット端末からQSCを実施、その場で写真撮影、添付が可能に

報告:実施後自動採点されるため特に作業の必要なし
   店舗も本部もすぐにデータで確認可能

集計:実施データが自動でまとまるため集計作業はなくなり、データの分析、活用も可能に

改善:NG項目の改善リストがまとまり、マネージャーはどこからでも改善の確認が可能に
   店舗の実施履歴もボタン一つで確認ができ前月との比較等も容易になった

QSCチェックにかかる1店舗あたりの時間

質の向上
浮いた時間で改善確認も可能に
実施のみで全て完結
さらに改善リストも自動作成され
改善報告、確認まで可能に

※実施にかかる作業工数をカット(写真撮影、音声入力にて)
※報告書の作成作業はなくなります
※本部の集計作業はなくなります


現場の声


店長
以前は印刷したものを控室に張り出し確認していました。どこを改善すれば良いのかが分かりずらく、改善の報告もほとんどできていませんでしたが、絆TIMEのQSCチェック導入後はお店のPCから確認が出来るようになり、改善箇所も一覧になっているのでお店の問題点が把握できるようになりました。

エリアマネージャー
10店舗ほどを管理しているのですが毎回実施後の集計、報告書の作成に時間がかかっていていましたが、絆TIME導入後は集計、報告書の作業がなくなり時間を削減することができました。また改善報告も店舗に行かずに確認ができるため、QSCの質も向上したと思います。

本部
毎月全ての店舗分の送られてくるデータを集計していましたが、点数だけの集計で細かい部分では何が問題なのかまで把握できていませんでした。絆TIMEは集計作業が必要なく、細かな分析に必要なデータも取れるようになり非常に便利になりました。

動作環境

ページトップへ